超長期チャートの笑いと涙




株価のずっと高値で買ってしまった人は、買った水準まで戻ってほしいと思っているものです。ずるずると下がり株価がもとへ戻らないと、元の水準まで待ち

続ける人が多数です。そして買った水準に戻るとやれやれと売るのが大変です。いかがですか?ご経験はありますか?

このような経験の人が多いほど この銘柄は過去の高値に押し戻されているのです。


これが「過去の高値が上昇の目安」というのが根拠の一つです。


株価の値動きを見ると不思議に「過去の高値」に押し戻されていることが多いです。
その戻りの水準が10年前15年前の高値水準だったりすることが珍しくありません。10年も待ち続けているのかな?と思いますが。実際にそのようになっ

ていますから、短期売買の人でも長期のチャートを必ずチェックしていた方がよいです。


売買目的でなくても長期チャートをみていると 今ほ2桁んお株価の会社が過去は高い銘柄で現在は苦しんでいるんだ・・。逆に時代の波に乗って分割を繰り
返していた時期があるなど 会社のドラマが見えきます。 自分の銘柄の株価の判断基準の一つに止めておくのも予測を立てて行く過程のひとつです。

お申し込みはこちら

Menu

会員ログイン

メルマガ購読・解除
本日の割安株を毎日配信

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!