株価のトレンド「トレンドライン」

株の売買の最大のポイントは「トレンドに乗る」ということです。
「上昇トレンド」がある場合 株価が上昇して一度下落してまた上昇する。
この動きによって山と谷ができる。

■谷(安値)の地点は「サポート」と呼ばれる。
この地点は「売り」より「買い」の方が強いことになる。

■山(高値)のほうは「レジスタンス」とよばれる。
「上昇トレンド」が描かれる場合は 最初のレジスタンスを超えれば上昇トレンドは
本物でまだ上がっていく。押し戻されてしまえば上昇はストップということになる。

上昇トレンドの基本形は いったん下がったとしても前の谷よりも高い位置で止まって
サポートは切りあがっていく。上昇するときは前のレジスタンスを打ち破っていく
傾向にあります。

この逆が「下降トレンド」と呼ばれています。

このチャートを使いこす 一番重要な作業は「線」をひくことです。
「線引き」こそがトレンドをつかむ有効な方法です。

上昇トレンドならば2つ以上の「谷」。
下降トレンドならば2つ以上の「山」を結ぶことでトレンドを理解できます。
その線を結んで延長したものが「トレンドライン」です。

丁度反発したところを買い売りの目安をすれば全体の売買の冷静な判断材料の
一つとして活用ができます。

全体のトレンドをよんでバリューストックのサインをうまく活用すると
リスク回避と利益確保の判断のお手伝いができると思います。
お申し込みはこちら

Menu

会員ログイン

メルマガ購読・解除
本日の割安株を毎日配信

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!