コラム『高勝率管理 ~損切り・塩漬け・利益確保~』

「バリューストック」とは株価推移をグラフ指標の視覚化することで株式売買の判断のサポートをシステム化したものです。

今の株価が「どんな局面」にあるか。「狙えそうな銘柄」があるか。
どこが「売り」、「買い」のタイミングか。「利益確定」および「損切」の水準の目安かの判断材料のサポートするものです。

---------------------------------------------------------------------
「株を買ったら売る」場合「利益を確定」「損失を処理」の2つあります。
損失を処理する方法は株式を売買するうえで一番重要な要素です。
---------------------------------------------------------------------

株を買ったあと株価が値下がりする局面は必ずあります。
買値よりも下がったら何がなんでも売るとまでは言いません。しかし下がりっぱなしになるとずっと含み損状態になると「動かせる資金が少なくなります」
含み損を抱えてしまうと少し待てば株価は戻るだろうとうう気持ちにもなります。
「塩漬け」の語源です。

「含み損を作らない方法」
株を買う時にいくら以上損失がでたら手仕舞う自分のルールを設けで確実に実行することでうまくいくのです。要は売りシグナルがでたら手仕舞うようにすれば含み損は出てきません。
これは仕事でもいえる要素でここまで値下がりしたら損切するというルール作り資金リスク管理とも呼ばれています。

---------------------------------------------------------------------
資産を増やせる投資家を目指す
---------------------------------------------------------------------

ITバブルを時儲けを全部なくしてしまい。
塩漬け株ばかりにしてしまった投資家もアベノミクスが到来して徐々に反転してきています。相場局面は変わってきています。
同じ相場状況が延々と続くとは限りません。

さまざまな局面を乗り越えて負けない投資家、資産を増やせる投資家を目指したいと思います。

お申し込みはこちら

Menu

会員ログイン

メルマガ購読・解除
本日の割安株を毎日配信

読者購読規約
>> バックナンバー
powered by まぐまぐ!